笑罪

 (リクあったので昔作った創作話を載せますね)

 

笑罪
SHOUZAI
f:id:ironaki:20180126034058j:plain
俺は笑いすぎたら
しい
それはもう何から何まで
おもしろくなかろうが
おもしろかろうが
俺は片っ端から笑ってやった
そうして俺は罪を被った
俺は何もしていないのに
人殺しだって盗みだって
何もしていないのに
薄気味悪い面をつけられて
俺は笑えなくなったんだ
俺の笑いはすべてこの面に
奪われてしまったんだ


ある日、
人の目を避けるように
歩いていると
一人の少年に出会ったんだ
そいつはいかにも
この世の不幸だというような
顔を貼り付けて
俺はそれを見て
笑ってやりたかった
笑ってやりたかったんだ!
なぜかって?
奴の顔がいかにもだったからだ!!
しかし俺の面が全てを奪った
俺もまた不幸だったんだ
俺は言った
「おいおまえ、笑えよ
俺が笑えない代わりにさ」
しかし奴はこう言った
「おかしな奴だな
笑えるわけがないだろう」と

…。 

俺はおかしな奴らしい
それもこれもこの面のせいだ 
「では代わりに俺が笑おう
しかしこの面のために叶わない
俺の代わりに面を被ってはくれまいか?」
奴はしばらく黙った後
「いいだろう
笑いの面をつけて
少しでも笑顔の気持ちに
なれるなら」
そうして俺の手では
どうしてもとれなかった面は
奴の手によってすんなりと
剥ぎ取られた
奴の口許には笑み 
しかし俺は笑うことはできなかった
俺の顔には何も残ってなかったんだ 
2012/01/24 16:53
***

f:id:ironaki:20180126034258j:plain

不幸同士の出逢い
のちに
彼は手に入れ、僕は失う
***

f:id:ironaki:20180126034820j:plain

彼の君は今、如何に

 

 千本桜が流行っていた時にお絵かき共和国さん(お絵かき掲示板)のラクガキ板で一番下の絵を描いてて、投稿しようとしたら通信エラー発生して投稿できないという事態が発生して泣く泣くスクショをとって消して腹いせに一番上の謎の絵を描いて話をこじつけたというアレ

今でも割と好き